2011年01月16日

今年いっぱい。

ぐーびんが今年いっぱいの命だろうと告知を受けたのが、
昨年11月半ば過ぎ。

KIF_4213.JPG

ぐーびん、生きられるのは、あと1ヶ月半弱。

・・・・・・・泣いたら、ぐーの命が延びるのか・・・・・・・

・・・・・・・泣いたら、今のは夢でしたって目が覚めるのか・・・・・・・

KIF_4252.JPG

元掛かり付けのS動物病院の院長からの告知が日曜の午前中でした。

このまま家に帰って考え続けた方がいいのか・・・

悪い方向にしか考えがいかないと思った私は、ペロを連れてランへ。

何かしてないと、どうにかなりそうでした。

KIF_4862.JPG

誰かに話して楽になりたかったのかもしれません。

受付にいたスタッフのM野さんが、「ぐーびんは?」というので、
S動物病院で言われた事をそっくりそのまま話しました。

KIF_4980.JPG

ペロをランで遊ばせて、1時間半ほど帰ることにしました。

帰りにまた受付を通るのですが、
その受付でランのK社長が「ぐーびん大変なんですって?」と声をかけてきました。

この時点では誰に話してもぐーは今年いっぱいなんだ、と
あきらめの気持ちでいっぱいでした。

ニックネーム びび at 13:04| Comment(2) | 病気のこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

手術。

さて、前回の話で胃の内部は異常なしの結果でした。
本当は異常なしではないんですけど、悪い病気ではなかった、という意味で異常なし、です。

内視鏡では残念ながら胃の外部が映らないので、調べようがないと言う。
「どうしたら調べられますか?」と問うと、
「開腹手術するしかない」と元掛かり付けのS病院院長。

IMG_0376.jpg

獣医がそう言うならそれが一番良いのだろうと疑わなかった私。
そして、開腹手術をすれば全てがわかり快方に向かうに違いないと思った私。

ぐずぐずしてたら回復が遅くなると思ったりもして、
開腹手術をすぐにお願いしたのでした。

IMG_2049.JPG

開腹してみたところ、胃の外側が異常な程固い何かでおおわれている、と。

「異常な程固い何か」とは??

一応病理に検査をお願いするも、獣医は「十中八九は腫瘍だろう」とのこと。

IMG_1982.jpg

ガンか・・・・・

まだ3歳なのに・・・・・・

何が原因なんだろう・・・・・・
(獣医に聞いてみてもわからない、と。てか、わかったらスゴイことなんだろうな)

ガンってことは、長くは生きられないのだろうな・・・・・

じゃあどれくらい生きられるのだろうか??

「苦しまないように最期を迎えてあげたい。」

「いやいや、何言ってるの、まだガンって確定した訳じゃないじゃん。」

「でも、獣医が十中八九ガンだって言ってるんだから・・・」

と頭をぐるぐる。

KIF_4833.JPG

意を決して獣医に「どれくらい生きられますか?」と尋ねる。

獣医はしばらく考え「うーん。今年いっぱいくらいだろう」と。
ニックネーム びび at 14:58| Comment(0) | 病気のこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

すっかり新年明けちゃいました

サボってるつもりはなかったのですが、
気が付いたら1ヶ月近く放置しておりました( ̄ー ̄;

皆様においては良いお年を迎えられましたでしょうか??
我が家はお正月とは思えない程いつも通りの日々を過ごしておりました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

さて、前回の続きです。

初めて入院することになったぐーびん。
IMG_2915.jpg

しかし、私の中では「数日で退院できる」と思っていました。
本当は明日にも退院できるだろうと本当に思っていました。

それを確認する為に、翌日動物病院に電話で確認すると、
院長から「24時間点滴し、帰宅はしばらく無理」と言われてしまいました。

IMG_1505.jpg
ここ降りたら家に帰れるにょ??

・・・・・ケガして余計入院が長引くよ( ̄ー ̄;



入院中、出来るだけ検査してもらいました。

血液検査の結果は多少白血球が少ない程度で問題なさそうでした。

レントゲンでは胃が真っ白になっているとわかりました。

内視鏡で確認してもらうと胃がとにかく尋常でないほど荒れていました。

バリウム飲ませるも胃での流れが悪く腸はスムーズに流れたとのこと。
でも、胃も翌日には綺麗に流れた、とのことでした。

IMG_1376.jpg

内視鏡で胃の内部の一部を切り取ってもらい病理で確認してもらうことに。

「胃の内部が非常に荒れている」のみで特に悪い病気なしという結果でした。

ちょっと安心したのを覚えています。

でも何故??

フードはもちろんのこと、オヤツにも気を使ったつもりです。

ぐーびんが具合悪くなるなら、ペプーやロロは何故大丈夫??

笑われてもいい、と思い、元掛かり付けのS動物病院の院長に聞いたみたことです。

IMG_0363.jpg

やっぱり笑われましたが、院長にも答えはわからなかったです。
ニックネーム びび at 17:34| Comment(0) | 病気のこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集